企画書(PDF:1.4MB)

ばかばかしいことをちゃんとやる

「竣工検査」は本来、新築引渡し前に、顧客の目線で不具合箇所を指摘して、補修したのち確認を加え、顧客の求める品質を確保して引渡すために行います。
残暑8月、企画第1弾、敏腕女性竣工検査隊による80年ぶりの竣工検査を敢行し、ここにその結果をまとめました。九段下ビルは面白いほどに、ダメといえばどこをとってもダメダメです。あなたが気になる部分を検査隊が全部見ておきました。その不便さを楽しむために、探査ガイドを片手にどうぞお出かけください。

探査ガイド
室名をクリックすると部屋ごとのガイドが表示されます。

仕様
便所/共同2・3F踊場(一部使用禁止)
流し/共同3F1箇所・1F1箇所
電気/○オーナー宅直結、各室30Aガス/○未調整・室内水道/×
電話/○未調整・屋上/利用不可

※特記事項
1.ROOM-Aは完全な内部ではありません。開口に扉なし。9月末ハチの巣生成中。
2.ROOM-Aには床開口(階段跡)があります。
3.ROOM-Aの扉はいったん閉めると開かなくなる恐れがあります。
4.ROOM-Bは台風時に窓から雨が進入する恐れがあります。
5.ROOM-Cは夏場ほとんど通風がありません。しかし窓はある意味開放しています。

九段下テラス 探査ガイド
※このガイドは07.08.28現在の情報を元に制作しております。
記載内容が現況と異なる場合は、現況優先とします。

当サイト内全ての記事、写真、画像の転載・引用を禁じます。
自身が撮影した「九段下テラス」内観写真を掲載するときは必ずメールにてご連絡ください。
取材、その他のお問合せはこちらからお願いします。

2007 Ryouiki tansa Deseign

A B C D terrace